多摩・県央オリバー相続サポートセンタートップサービス案内 > 概算相続税額算出サービス

概算相続税額算出サービス

現状を把握することで、トラブルを回避出来ます。

今の状況で予想される相続税額を把握しているのといないのとでは、雲泥の差があります。
常に最新の状況を把握しておかないと、後で「しまった!」ということになりかねません。

サービス内容

相続対策を考えるにあたっては、今亡くなったら相続税がかかるのかかからないのか、かかるとしたら概算で幾ら位になるのかを把握しておかなければなりません。
多摩・県央オリバー相続サポートセンターでは、専門家と一緒に今の財産の保有状況、推定の相続人の状況などから概算相続税額を無料で算出いたします。

概算相続税額算出サービスのメリット

概算相続税額算出サービスのメリット

財産の保有状況は、大なり小なり年々変わっていくものです。不動産を買ったり売ったり、遊休地に賃貸マンションを新築したり、生命保険を契約したり満期を迎えたり・・・。

また、推定相続人の状況も変わることがあります。自分よりも当然後に亡くなるものと思っていた子供が不幸にして先に亡くなった、相続人が増えた、ということもあるでしょう。

そのような財産と相続人の状況を定期的に(できれば年に1回)チェックし、常に「今万一のことがあった時に相続(税)がどうなるのか?」を確認し、そのための対策をいつでも最良のものにしておくことが大切です。

今から相続対策を考えようという方はもちろん、既に何らかの対策を実施中の方も、是非現状の概算相続税額を確認しておきましょう!

トラブルの例

  1. 亡くなってはじめて高額な相続税額に驚き、遺族が納税に苦しんだ

    トラブル内容

    父親からは「我が家にはたいした財産も無いし、俺が亡くなっても相続税の心配はないから」と言われていたが、亡くなってから知り合いの税理士に確認をお願いしたら、予想もしなかった高額の相続税がかかることがわかり、家族一同納税に苦しんだ。
    どうやら、父親は確かな検証もしないまま何となく相続税はかからないものだと思い込んでいただけであり、当然何の対策もしていなかったことが原因だった。

    上記トラブルの防止策

    相続税が発生するか否か、発生するとしたらどの程度発生するのか概算を出して、最良の対策を考え実行する。

  2. 無用な相続対策をしていた

    トラブル内容

    知り合いの税理士から「今のままなら相続税がかかりますよ」と言われたので、勧められた対策を実行した。しかし、それから何年間も見直しをしないまま相続が発生し、実は対策をしなくても元々相続税がかからない状況になっていたことがわかった。

    上記トラブルの防止策

    財産と相続人の状況を定期的に(できれば年に1回)チェックし、常に「今万一のことがあった時に相続(税)がどうなるのか?」を確認し、そのための対策をいつでも最良のものにしておく 。

概算相続税額算出の流れ

ご提出頂いた資料を基に、最新の相続税額を概算で無料算出します。 また、詳細な調査をご希望の場合は、不動産の現地調査等も踏まえた上で専門家が有料にて実施します。
なお、ご要望に応じて、最良の相続税対策もご提案しています。

概算相続税額算出の流れ

概算相続税算出に必要な書類

  • 固定資産税課税資産明細または土地建物名寄帳
  • 現預金残高(通帳コピーやそれを書き写したもの)
  • 生命保険証券
  • 借入金残高
  • 相続人の状況がわかる資料(氏名・生年月日・続柄など)

後々のトラブルを避けるために、まずは現状把握を!

既に何らかの対策を実施中の方も、大事なのは現状の把握です。概算相続税額算出サービスで現状を確認しておきましょう!

サービス案内一覧へ戻る

相続に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽に

ご相談・お問い合わせ

メールマガジン

相続用語辞典

相続税簡単シミュレーション

贈与税簡単シミュレーション

相続対策3択クイズ

ご利用者の声

相続に関するよくあるご質問

全国相続サポートセンター

TOP